映画「ピンクとグレー」には、一世一代のどんでん返しがあるらしい

エンタメ

幕開けから62分後の衝撃!
ピンクからグレーに世界が変わる

“ある仕掛け”に、
あなたは心奪われる-

この言葉に釣られ、気になった映画…

題名は「ピンクとグレー

ピンクとグレーとは

 

原作は
あのNEWS(ジャニーズ事務所)の
メンバー加藤シゲアキが
2012年に出した小説です。

当時は、
「現役アイドルが芸能界の虚と実を描いた」
と話題になり、問題作と言われていました。

主人公は
Hey! Say! JUMP中島裕翔と
菅田将暉の二人。

この映画は、始まりから62分後
文字通り「ピンクからグレーに変わる
驚きの大どんでん返し」がある
という噂です。

「ピンクとグレー」小説のあらすじ

「ピンクとグレー」の
あらすじを軽く読んでみました。
が、ピンとは来なかったですね。

中の良い男友達同士が芸能界に入った。
その後、二人に活躍の差ができ…

やがて、一人が自殺…

 

…河田 大貴(かわだ だいき)は
リバちゃん、
鈴木 真吾(すずき しんご)はごっち。

ここをちゃんと押さえておかないと…

真吾が自殺したあと、
大貴は時に人になる…
その後彼は、真吾に関する本を書く。

そして真吾の死から1年後、
真吾の半生を映画化することとなり…

 

なんとなく入れ替わり?の要素が
浮か上がってくる感じだけに
気になります。

 

監督は行定勲

 

監督は、行定勲さん。
彼の作品の中でも
「世界の中心で、愛をさけぶ」は
かなり有名ですね。

 

その他「北の零年」「春の雪」といった
優しいイメージの作品も多いのですが
以外な展開を作る監督とも
知られています。

 

今回の映画は、
ミステリーっぽい空気が漂っていますが
本人は「ミステリーではない」
「基本的に友情の話だ」と
言っているそうです…

原作通りには描いていない部分も
映画に入れていいるらしいから
なおのこと気になりますね。

 

もう昨日から上映されているので
加藤シゲアキ、中島裕翔好きなら
もう見ている人もいるでしょう。

スポンサーリンク