ジャーナリスト 竹田圭吾さんがすい臓がんで亡くなったそうです

エンタメ

私の中で、幾つかのワイドショーの
コメンテーターの中でもかなり好きだった
竹田圭吾さんが、昨日亡くなって
しまいました…

私が、竹田圭吾さんの解説が気に入っていた理由

竹田圭吾さんは、ジャーナリストですが
TV番組のコメンターターとして
見かける機会が多かったですね。

特に、よく見たのは「とくダネ!」です。
小倉さんとのやり取りが好きでした。
とても息があっていました。
声のトーンや、目線など、が
他のコメンテーターとはひと味違ってました。

聴きやすく、わかりやすい、好感のもてる
受け答えをするので、彼が出ている
TVニュースや番組はチャンネルを
変えませんでしたね。

一時、TVに出なくなって…
また出た時は、かなり痩せてました。
「病気じゃないのかな?」
きっと彼見知っていた人は
感じたでしょうね。

でもこの年代は健康に気をつけるから
それで痩せたんだろうぐらいに思っていました。
そうじゃないと、勝手に思い込んでいました。
がんだったのか… カツラだったのか…
ちょっとショックですね。

竹田圭吾さんの言葉

「どれだけ治療が順調で
家族に寄り添われて
友人や仕事仲間から
励まされても
孤独からは絶対に逃れられない

という文言には、かなりぐっと来ました。
1月4日、ラジオ番組の降板のあいさつ…

この声を聞くとかなりきつかったんだろうな
と感じます。

そして、以前の話になりますが
とくダネ!で奥さんにTV越しに
「愛してる」と言った、その言葉が
かなり視聴者の心を打ったらしく…

動画では見つからなかったのですが、
写真は見つけました。
とくダネ!の公式ブログです。

フジテレビブログ「ZOO」 - フジテレビ
フジテレビブログ「ZOO」 - オフィシャルサイト。フジテレビのブログポータル「フジテレビZOO」。最新ドラマ、バラエティ、報道・情報などの番組公式ブログから、アナウンサーが綴るブログまで、フジテレビの新鮮な情報をお届けします。

ある意味彼の最後のコラムですね。

【竹田圭吾が読む2016年の国際情勢】ニッポンよ、世界の難局に手を差し伸べる国となれ(竹田 圭吾) @gendai_biz
1月10日、ジャーナリストの竹田圭吾さんがお亡くなりになられました。本記事は、竹田さんが昨年末に執筆された原稿です。1月1日に掲載されたものですが、多くの方にこの原稿を読んでいただきたいと思い、ここに再掲載いたします。

冥福をお祈りします。

スポンサーリンク