肝臓を温める?超簡単なダイエット方法

ダイエット

今朝やっていた「TBSサタデープラス」ではお正月に太らない為の健康法…
【肝臓を「カイロ」「茶節」「ゴロ寝」で温める】
 超簡単なダイエット方法の紹介です。

(野村ドクター実践編です)

他にも
コーヒーを…「温かい」「砂糖もミルクも入れない」「お風呂に入る30分前」に飲む
池谷ドクター実践
生芋こんにゃくを使った料理を食べる、脇タオルエクササイズ(日比野ドクター実践)
日比野ドクター実践

野村ドクターの肝臓温めダイエット

76歳、現役の消化器の名医。

ダイエット出来る理由

体内の中で基礎代謝のカロリーを最も多く(約1/3)使うのが肝臓。その肝臓をいたわる(温める)ことで血流がよくなり基礎代謝が上がるのでダイエットになる。

肝臓温め方法

1、カイロ肝臓の位置に上からカイロを貼って温める(右下腹あたり)

2、茶節…お椀に「味噌大さじ1」「鰹節」を入れ「緑茶」を注ぐ
味噌…肝臓の中性脂肪の燃焼を助けるアディポネクチンの分泌を増やす
削り節…含まれているヒスチジンが脳内でヒスタミンに変化。ヒスタミンは満腹中枢を刺激するので、食欲をコントロールすることができる
緑茶血糖値の上昇を抑えるカテキンが入っている。

3、ゴロ寝食後15分。頭と足を高め(20~30センチ)にして肝臓に血液を集める.

食後、頭と足にクッションや枕を入れて、高めのすることで、重力に従って血液がちょうど肝臓の集まるようになる。特に右脇腹を下にしたゴロ寝がベスト。

食後15分を過ぎると…横になっている時間が30分を過ぎると、糖が脂肪として蓄積されるようになるので、逆に太る可能性が高くなります。

スポンサーリンク