大泉洋、ブルーリボン賞受賞「うぁーっ」… 劇場公開最新作「アイアムアヒーロー」情報!

エンタメ

俳優でコメディアン?の大泉洋(42)が、第58回ブルーリボン賞の主演男優賞に決まった。

大泉洋は、約20年の芸能生活で初受賞。
マネージャーからの吉報に「うあーっ」と思わず叫んだ。
主演作は「駆け込み女と駆け出し男」
授賞式は2月9日、東京・内幸町のイイノホール
で行われる。

大泉 洋プロフィール

1973年4月3日生まれ 42歳

北海道江別市出身
江別は札幌から電車で約20分の距離にある。
市の木はナナカマド、市の花はキク
国内有数のレンガ産地
王子製紙が市の中心産業
石狩川でヤツメウナギ漁が行われる

北海学園大学時代に友人5人と
TEAM NACSを結成。
North Actors Club Special)

出演作品

バラエティー出演作
「水曜どうでしょう」
「おにぎりあたためますか」
「1×8いこうよ」

ドラマ出演作
「東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~」
「暴れん坊ママ」
「the波乗りレストラン」
「ハケンの品格」
「黄金の豚」

映画出演作
「探偵はBARにいる」
「しあわせのパン」
「ゲゲゲの鬼太郎」
「素敵な金縛り」
「青天の霹靂」
「駆け込み女と駆け出し男」
等、出演作多数。

本人は、「北海道ローカルタレント」のスタンスを崩さず、東京での仕事は「出稼ぎ」と位置付けている。
俳優のほか、歌手として「本日のスープ」(オリコン最高位10位)を発売。

また、声優として宮崎駿作品に出演したり、レイトン教授シリーズのゲームでレイトン教授を演じたりと、マルチな才能を示す。
今年最も注目すべき俳優の一人。

「駆け込み女と駆け出し男」とは…
(2015年5月16日公開)
現代の2倍はあったと言われている江戸時代の離婚騒動をモチーフに、縁切寺に駆込んでくる女性の生きる姿と、江戸の空気と生活をありありと描いた意欲作。

大泉洋 最新作 「アイアム・ア・ヒーロー」 2016年4月23日公開予定!

ベストセラーコミックの「アイアムアヒーロー」(花沢健吾)が大泉洋主演で実写映画化。
週刊「ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載中のパニックホラーだ。

冴えない漫画家アシスタントの主人公・鈴木英雄(大泉洋)。
謎のウィルスによって「ZQN(ゾキュン)」と呼ばれるゾンビになってしまった人々。
ゾンビに襲われ、逃亡の道中で出会った女子高生の比呂美(有村架純)。
元看護師の藪(長澤まさみ)。
彼女らとともに不器用に戦いながら、必死でサバイバルしていく姿が描かれている。
佐藤信介監督は「GANTZ」「図書館戦争」シリーズを手がけている。

スポンサーリンク