月の土地…愛ちゃん、彼へのサプライズプレゼント、貴方にも買えるかも…

生活情報

 

福原愛ちゃんが台湾の卓球代表の江宏傑選手(27)と籍を入れたのは9月1日でした。
そしてその結婚報告の記者会見を、昨日は日本で、今日は台湾でしました。
何度見ても…美男美女のこのカップル、見ていても気持ちのいい記者会見でしたね。

台湾での会見の中で、愛ちゃんが、クリスマスに彼にサプライズとして贈ったのが「月の土地」。自分用も購入したので「隣同士です」と笑顔で話していました。夢のある素敵なプレゼントですよね。

月の土地って、買えるの?

月の土地と聞くと「ヤッパリ高いんだろうな」と思いますよね。
芸能人は、お金持ってるから買えるんだろうなって…

いくらだろう?
どのくらいの大きさを買ったんだろう?

でもその土地、どうやって、何に使うんだろう。
月に行かないと、そもそも意味がないじゃない?

よく考えると、わけのわからないことだらけ、ですよね。

一つ一つ解決していきましょう。

土地広さと値段は?
1エーカー(広さ)2700円です。
1エーカーは約1200坪
サッカー場ぐらいの広さです。

その土地、どうやって、何に使う?
⇒これは、土地の権利を買う、というシステムです。
だから購入すると権利書が送られてきます。

月に行かなければ、意味がない。
⇒今後、科学がより発達したら普通に月に行ける日が来るかもしれません。
その時に、その土地をどう使おうか考えても遅くはないでしょう。

というわけで、欲しいと思う方はこちら

>>>サプライズプレゼントなら「月の土地」!


この値段で、月の土地が手に入る…
まさにサプライズプレゼントには、ぴったりですね。

扱っている会社「株式会社ルナエンバシージャパン」とは

そもそも、月って個人が買える、なんて、思えないのが普通です。
ところが「月って誰のものなのか」と疑問を持ち、調べた人がアメリカにいました。

法律には、個人が月の権利保有してはいけないとは、何処にも書いていなかったのです。
そのアメリカ人デニス・ホープさんは、宣言書を作成し、国連、アメリカ合衆国政府、旧ソビエト連邦にこれを提出しました。

そして、「ルナエンバシージャパン」という会社で月の土地を販売し、権利書を発行するという「地球圏外の不動産業」を開始しました。

月の土地が買えるってほんと?!「月の土地」1エーカー2700円

ちなみに、現在月のオーナーは
世界175ヶ国、約130万人
日本では約15万人いるそうです。

そうそう鬼嫁として有名な北斗晶さんもオーナーらしいです。
ファンから、頂いたとブログに写真付きで書いていました。。

彼女らしい写真…今も病気と戦っているようです。

スポンサーリンク